日本の心・さいき

日本の心で、世界平和の実現を!

退職後の雑感(760)

  「退職後の雑感、震度5弱の地震

 令和6年4月17日(水)の23:14、既に、床に就いていましたが、突然、「ガタガタガタ」と音がして、家が揺れ、久し振りに地震がありました。「震度5弱」でした。その内、止まるだろうと思って、あまり慌てませんでしたが、正直、怖かったですね。
 その後も、佐伯市では、23:19に、震度3が、23:27に、震度1が、ありましたが、大きな揺れは、もう、ありませんでした。
 一応、最低限、持っておくべきもの、簡易トイレ、数日分の食料、用意はしているのですが・・・それが、この先、必要で無いことを祈るばかりです。
 「災害は、忘れた頃に、やってくる!」ですね。

 (令和6年4月18日、記載)
 

 

退職後の雑感(759)

  「退職後の雑感、続・熊本地震

 8年前に記載した内容です。1回目よりも、2回目の方が、酷かったですね。そして、1回目で壊れた家屋が、2回目で、完全に壊れてしまったと言う感じになってしまいました。
 その時に(4月17日に)、記載した内容です→
 今日(17日)の夕方、熊本大学の先生の話がありました。気象庁熊本大学の先生の意見、多少違っていました。その熊本大学の先生の話だと、14日のは、「日奈久断層」によると言うのは同じでしたが、16日のは、「布田川断層」でなく、「立田山断層」による可能性もあるとのことでした・・・そして、1週間以内に、8割の確率で終息するのではないでしょうか(余震の数が次第に減少傾向になっている・・・)、とのことでした。
 今回は、今まで経験しない感じの複雑な力関係での地震って感じですね。まあ、東日本大震災も、想定外でしたが・・・。
 今日(17日)の夕方の外来に、益城町の子どもが来ました。子どももかなり精神的なショックを受けていて、母親が、殆ど寝てないと言われていました。(家が崩壊しているので)私も、掛ける言葉が見つかりませんでした。
 医療機関も損壊している所が多く、ノロウイルス感染症も流行っているとか・・・水も不足し、トイレも使えず、平常生活に戻れる目途が立っていません。
 災害の多い日本、いろんな災害に備えて、普段から行政が、食事や水だけでなく、手軽に使える「テント」や「間仕切り」や「簡易トイレ」など、直ぐに使える感じにしておくといいと思うのですが・・・。

*写真は、16年前に撮った「熊本城」

 (令和6年4月17日、記載)








退職後の雑感(758)

  「退職後の雑感、熊本地震

 今からちょうど8年前の2016年4月14日、「熊本地震」がありました。その時、上天草市の4階建ての3階に住んでいたのですが、揺れが酷くて、怖かったです。その時の出来事を、8年前の4月15日に記載した内容で再び見ると・・・→
 昨日(4月14日)、21時半頃、お風呂に入ろうかなと思って、裸になったところで、突如、携帯の警報がけたたましく鳴り、直ぐに、グラグラとして来ました。古い市営アパートで、上の階の人が動くと、時々、ガタガタとして慣れていたんですが・・・さすがに、これには、私も、「地震だ!」と思いました。
 で、家内と目を合わせて、じっとしていました。で、又、脱いだ下着を着て、テレビをそれからずっと見ていました。
 ワーッ、九州殆どじゃないですか・・・!「震度7!!」何て!
 直ぐに、姉や子どもから電話ありましたが、電話が通じません。で、メイルならOKでした。
 それから、余震が凄くて、なかなか眠れず、又、起きても余震があって(詳しい報道では、120回以上)、今日(4月15日)、病院でも、その話が中心になっていました。
 熊本市から通っている人もいて、その人の話だと、天草のレベルなんか、たいしたことない、凄かったとのことで・・・大きな本箱が倒れたり、屋根が壊れたり、地割があったり・・・で、今回、DMATで現場で仕事をした外科のJ先生が、疲れ切った顔で帰って来て、「全く寝てない、ひどかった・・・」と言われました(お疲れ様でした)。
 ある(熊本市に住んでいる)内科のM先生曰く、「横揺れが凄くて、立てないんですヨ、あんな怖い思いしたこと、初めてでした・・・」と。
 今日の午後の講義中にも、教室周囲で音がして、揺れました。1週間、余震でまだ悩みそうだなあ・・・。

*写真は、上天草市龍ヶ岳町にある「龍ヶ岳」から見た景色です。しばしば、家内と登っていました。正に、最高の眺めですね。

 (令和6年4月16日、記載)





退職後の雑感(757)

  「退職後の雑感、日本こそ」

 今、世界の各地で、争いが起きています。やられたらやり返す、これが、欧米の流儀な感じで、これでは、いつまで経っても、争いが絶えない感じです。
 日本は、いろんな面で大国なのに、海外の人から見れば、第二次大戦後、アメリカの犬みたいに思われているみたいですが・・・?!
 これで、日本人、本当に、いいのでしょうか?ウクライナ侵攻にしても、イスラエルパレスチナの紛争にしても、日本は、もっとするべきことがあると思うのですが・・・。
 イスラエルが強気で戦えるのも、アメリカやイギリスからの武器を使えるからです。イランと日本の関係は、とても良好ですね。日本だったら、損得なしで、イスラエルとイランの間に入って、上手くやって行けそうな気がしているのですが・・・?!
 トランプが大統領になれば・・・→トランプは、「アメリカ、ファースト」なので、日本も、割り切って、アメリカと距離を置いて、日本独自の方針で、外交が、それなりに出来ることが多くなるのでは・・・と、私なりに思ってはいるのですが・・・?!
 日本人でロシア人大好きな人、あまりいないと思うのですが(←私の場合は、実際に、ロシア人と話していて、偏見は、全くありませんが・・・)、そんなロシア人、日本に親しみを持っている人、多いんですね・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=GUyBcn1pDAg&t=30s(←外国人から見ると・・・!!)
*写真は、小児科を開業している時、院長室で、お茶を差し上げたロシア人(←多分、ウラジオストックから来て、明日の朝、富山に行くと言っていましたが・・・?)。全く、日本語が話せないのに、1時間ほど、お互いに、楽しく、時間を過ごせましたが・・・。

 (令和6年4月15日、記載)







退職後の雑感(756)

  「退職後の雑感、北朝鮮

 「韓国」には、6回も行って、ホント、近い国になっていますが・・・一方、「北朝鮮」は、どうでしょうか?!
 小さい時から、名前の長い「朝鮮民主主義人民共和国」、小学生低学年の時から、よく、口に出して言っていましたが・・・そして、中学生の時、ラジオで、北朝鮮発(←恐らく?)のラジオ放送が流れていて、解らないままに、次兄と聞いていましたが・・・。
 (他界した)私の母は、昔、看護師で、独身の時、姉の産後の世話で、独りで・・・北朝鮮の昔の羅津(라진)、今は、羅先と名前が変更していますが・・・その羅先まで行って、寒い冬を過ごしていて、その厳しさを私によく話していました。母から、アリランの歌や、ハングルでの母や父の言い方など、教わっていましたが・・・北朝鮮は、ホント、私にとっては、謎めいた国でした。(←旅行したいと思ったこともありましたが・・・)。
 そんな「北朝鮮」の体制が今、崩れたら、どうなるのでしょうか?難民がドッと来る可能性、あると思いますが・・・?!
 「金正恩氏」の方針が、近頃、コロコロ変わっていますね・・・韓国との交流をバサッと切ってしまって・・・日本との交流の可能性もスパッと切ってしまって・・・「金正恩氏」、いろいろ試みてはいますが、多くの事が、成就していない感じですが・・・!!
 その実態を、北朝鮮の若者が、知ってきて、「金正恩氏」に対する見方が、次第に変わっている様ですが・・・国民から支持されなければ、いずれ、体制は、崩れますね。
 それは、民主国家だけでなく、独裁国家でも、同じだと思います。
 誠実と平等と本当の愛がなければ、いずれ、上手く行かなくなると思います。歴史を見ると、それは、国だけでなく、個人でも、同じだと思います。嘘は、泥棒の始まりって言葉もありますね。
 

https://www.youtube.com/watch?v=qbaNt4DLCa0(←北朝鮮
*写真は、23年前、韓国清州市での演奏の時の私

 (令和6年4月14日、記載)



退職後の雑感(755)

  「退職後の雑感、情報」

 今は、情報化の時代です。如何にして、正確な情報を上手く自分のものに出来るかです。
 嘘の情報と本当の情報があり・・・政府が言うからと言って、それが正しいとは、限りません。それも、平気で言われると、(素直な日本人だと)つい、信じてしまいますね。
 年金を納めておりさえすれば、将来は、安泰と思って来た日本人は、多かったと思います。それが、突如、老後に2.000万必要と言われても、頭が直ぐには付いて行きませんね。
 検診で、昨今、昔の様に、総コレステロールの値が、あまり、問題にされなくなりました。個人的に、薬の副作用が、思った以上にあることに気が付き始めました。アプリメントも、同じです。
 「自然にしかず」とは、昔から、よく言われる言葉です。病気と共存して生きる生き方も、大切ですね。元々、人間には、治そうとする力がある訳ですから、それを上手に引き出すことが、大切ですね。
 ある産婦人科の言葉が、今も、強く耳に残っています。
 「(高齢の女性が入院していて)間違いなく、子宮癌だけど、高齢で、何もしない方がいい・・・抗がん剤を使うと、かえって、おかしくなる・・・」と。
 薬で苦しんでいる人、多いですね。治す側の立場もあるので、それも、仕方ないのかなとも思いますが、やはり、医療は、患者側の立場で、治療してもらいたし、患者側の立場で、もっと患者さんが主張するべきですね。しかし、今の、医療制度では、ゆっくりと会話する時間、ないですね。間違った生活習慣で、病気になっているケースが、多い訳ですから・・・。
 掛かり付けで、検査を沢山していたり、薬を沢山飲んでいる場合、ちょっと振り返って見ることも、大切ではないでしょうか・・・?!

*写真は、4月9日、「臼杵石仏」で撮ったものです。
https://www.youtube.com/watch?v=S-QP8l8YcWI(←嘘?!、上の内容とは、関係ありません。)
https://www.youtube.com/watch?v=TKR9Wnt8fDM(←新証言?!、上の内容とは、関係ありません。)

 (令和6年4月13日、記載)





退職後の雑感(754)

  「退職後の雑感、好きこそものの上手なれ」

 「好きこそものの上手なれ」と言う言葉がありますが、その意味が、超出来る人を見ていると、よく解る感じです。
 今、名人戦で戦っていますが・・・藤井8冠の好きなことを尋ねた所、1は、「将棋を指すこと」、2は、「詰め将棋を解くこと」、そして、3は、「詰め将棋の問題を作ること」、とのことですが・・・納得ですね。
 大谷翔平選手にしても、野球が根っから好きなんですね。イチローも、そうだったと思います。
 才能がある上に、そんな彼らを周りが暖かく見守って来たんですね。
 土台、人から命令されてする何て、あまり面白くないですね。自分で考えて、自分なりにする方が、楽しいに決まっていますね。
 出来る人は、しないといけない事が、好きになる能力があるんですね。いやいやながらしていたら、どんなに才能があっても、続きませんね。そして、「継続は、力なり!」ですね。どんな職人も、10年修行すれば、ある程度には、なれますね。
 小さい時から、達成感を経験させることが大切だと思います。成功から得ることも、失敗から得ることも、大切ですね。失敗は、成功の神様です。
 それと、思いやりの心と同時に、耐える力を小さい時から培っておくことも、大切ですね。小さい時に周囲が甘やかして、それで、大人になっても、我慢できない人になっているケース、ホント、困りますね。
 4月11日夜9時22分、名人戦の第1局目、藤井8冠、141手で、危ない何場面を何とかくぐり抜けて、勝利しました。

*写真は、4月9日に、「臼杵石仏」で撮ったものです。
https://www.drizumi.com/news/ebook1?fbclid=IwAR16f5hSL0mH95lu8O1YRKJsEUo7r4hO4v4HMzBLaAr8IJZKGTegjkgUuVI_aem_AdkckNBJHCFyjHXjH37c3_zozPXpPStxjndsSBAdZGzm_wZcFq5xLSiopOpTShPBIp96YI_I17wij-7BND_kd3Dq(←不眠症の人の為の本、上の内容とは、関係ありません。私の長女の配偶者が作成した本で、一般の本とは、アプローチの仕方が違います。)

 (令和6年4月12日、記載)